ほのづきの「ほ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なんとなく「theoful」について

花粉症の季節ですね。でも普通に風邪で鼻水がとまらないほのづきです。
以前「書くかも」と言いつつ放置になっていたことについて。忘れないうちに。
「theoful」についてです。こんな作品でした↓




この作品では3声の絡みを以前の作品より重視しました。
特に最後のサビでは、言葉の音声上でも意味上でも、センターと右の声とで混じったり、3声で繋がったりしています。

たとえば、センターと右との歌詞とでは、最初の二音ずつ繋げて通してみると
「手をただ振る今、白い岬」
となります。この調子で後の同じ形の旋律を示すと、
「呼びあい、蒙昧、混ぜあう」
「手をもう振ることなき永久」
「術なく手を切る、最後は」
ってな感じです。

色々な方と話すうちに、なかなか気づいてもらえていなかったようなので、ちょっと書いておく次第です。
とりあえずこれでどうして最後の方の"ao"が赤いのか明らかかなぁ、と。
ほかにも細かいところはありますが、とりあえず、備忘録的に。
あと、これを踏まえた上ですちさんの絵を見返すと色々発見とかあるかもしれません。特に手のあたり。
いろいろ探してみてください。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/14(水) 01:17:17|
  2. VOCALOID
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ボーカロク」と「こう僕」 | ホーム | 「theoful」について追記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://honoduki.blog138.fc2.com/tb.php/22-120dcf14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。