ほのづきの「ほ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新曲「theoful」について色々と

安心のブログ放置国家、ほのづきです。新曲投稿したので色々書きます。
曲はこちら↓



■絵
今回はなんといっても絵が出発点です。いわゆる、絵先っていうやつです。
お借りした絵はこちら↓



すちさんのこの絵を見たのが去年の9月なので、まるまる5ヶ月以上かかっての完成です。
最初に絵を見たときにびびっと来て、ある程度骨格まで勢いで作ったものの、なかなかそこからモノにならず。
特に3声の入れ方が中途半端で、あと1声がなかなか固まらない日が続きました。
それでも完成までこぎつけたのは、ひとえに絵の魅力のおかげです。
すちさん、本当にありがとう。

■曲
曲は冒頭から順にピアノを打ち込みながら考えていった感じです。
ボーカルは最初からSweet Trioと決めていました。
初めての試みが多かったです。
ブレークビーツにも憧れていたのでGlitchに手を出し、ギターとベースも初めて生録りしたのを曲に使いました。
ベースはCメロの間にちょこっと出てくるだけですが。
ギターはアコギを2本分。DADGADチューニングで、いろいろチャカポカ。
慣れると楽しかったので、これから結構使っていきたいですね。(エレキギターとかも)

■動画
動画は今回もaviutlさんにお世話になりました。
前作までと比べるといろいろなフィルタなどを使ってます。
ところどころ素人くさい感じがもろにでちゃってますが、作っててめっちゃ楽しかったです。
ただし、エンコードに45分くらいかかったので、使いすぎ要注意、ということも覚えました。

■歌詞
歌詞はだいぶ悩みました。
絵の雰囲気を壊さず、かといって、絵の見た目をなぞるだけでは曲をつける価値がないよねー、などと思いズルズルと。
最終的には冒頭の「アンビギュアスの"ao"」というのが妙にしっくり来たので、そこから広げていきました。
またいずれ書くかもしれませんが、サビの3声の絡みは重視しました。
なぞるように重なるところはできるだけ、母音をそろえました。
あと、意味を相互に乗り入れさせてます。そこに全部つめこんでます。
たとえば、真ん中と右とで「手をただ振る今」のようにつながるようにしてたり。
そのへんから、"ao"の持つ意味がわかるようなわからないような……。そんな感じです。

以下、そんな歌詞↓

『theoful』

アンビギュアスの"ao"が 溶けて
砂とともに僕を梳かしてく

アルバトロスの船は
いつかたどりつけるのかな?
空の庭

遠い日に描いた小さな夢、残る言葉
淡く響く、見られ得ない光のように

愛したものからなくしてしまうの
「またね」と手を振る
次なんて無いとわかってたけど

すべての音が眠る ここは
(しずかに)
僕らが生まれ落ち 還る場所
(いつでも)

[left]
あぁ、今、僕のもとに
合図のような囁き
「あうの」
「会える?」
"ao"の先に求めた希望

ここから始まった物語も
終わりだね
もっと"ao"く、"ao"く
めぐる星のすべてを

[center]
手を振る、白い岬
祈り、呼び、もう一度だけ
泣きたいな...

「theoful」
願うことはひとつ
すべてを"ao"に、さぁ、
ささげよう Ah...

[right]
ただいま、音たち
遍わる呼び声
あいまい 混ぜあう
青と黒の憧憬

もう、ことなき永久(とわ)
絶望の収束
なく、きる、最後は
"ao"く染まるよろこびを



ボマス20に向けて作業をペースアップしていくので、今月はもう一曲くらい出せたらいいなーとか思いつつ。
今日はこのへんで。
スポンサーサイト
  1. 2012/02/07(火) 00:02:05|
  2. VOCALOID
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「theoful」について追記 | ホーム | あけましておめでとうございます【おまけ曲付き】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://honoduki.blog138.fc2.com/tb.php/20-bb8d32a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。