ほのづきの「ほ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2ndアルバム「Sweet Splash!!!」とか超ボーマスとか

超お久しぶりです、ほのづきです。
超と言えば、ニコニコ超会議の超ボーマス、参加してきました。新譜出しました。
二日間のうちの二日目に参加しました。二日目はスペース数が少なく、ボマス会場はうら寂しい感じになるのでは、と危惧していました。
が、そんなことはなく、大盛況。混乱が起きるほどの混雑でもなく、賑やかさを楽しむのにもっとも適した混み具合だったのではないか、と思ってます。
我らがスペース「ハンペン甲子園」にもたくさんの方が足を運んでくださり、色々な方とお話しができて、本当に楽しい時間でした。
参加者の方々、スタッフの方々、お疲れ様でした!


今回は当日の頒布物のまとめ的なものを。


まず、僕の新譜から。
「Sweet Splash!!!」というタイトルで、前作Sweetopiaに続く初音ミクSweetオンリーアルバムの第二弾になります。ほのづきの二枚目のアルバムです。
前7曲で全曲ともにこのCDが初出です。
クロスフェードはこちら↓



今回は曲もデザインもガラッと雰囲気一新です。
ジャケットやCDのデザインは前回と同じくふゆまるが担当。
今作から、ほのづきとふゆまるの二人で「Agemusha」というサークル名で活動することにしました。読み方は「あげむしゃ」です。落武者じゃない方です。さげむしゃでもありません。これからどんどん(何かそれ的なものを)上げていくぞという、漠然とした期待が込められた渾身の命名です。二人でサイゼリアでコーヒーゼリー食べながら考えた、渾身の命名です。

そうして出来上がったジャケットはこちら↓



「アニメ絵で空から落っこちるミクSweetがいいなぁ」と言ったら、ばっちり注文どおり。
表題曲では前作のSweetopiaとつながるひとつの物語を想定しているのですが、そこでこれからストーリーが始まるときの、重要なシーンを鮮やかに描いてくれました。彼女はこの後、海にばしゃーんと落ちます。その水しぶきから「Sweet Splash!!!」と名づけました。

今回はサウンドとして今まで使ったことがないものを意識的に使っていきました。
CDの帯のキャッチコピーは「初音ミクSweetはささやくだけ!じゃない!!」
ミクSweetがあまり使われないジャンルで、Sweetの新しい魅力を引き出したいと思って作りました。
それが少しでもうまくいってたらいいな、と思います。

6曲目はいつものPの曲をアレンジさせていただきました。「君に捧ぐ」という曲で、いつものさんの最初期の曲です。この曲を知ったのは2年以上前ですが、今でも大好きで、いつかアレンジしたいな、と考えていました。原曲よりもテンポを上げて、アニソンっぽい構成を意識し、サイリウム片手に編曲しました。
いつものさんの曲はどれもオススメなのでぜひ。



今回はギターやベースの録音にも挑戦しました。ギターは、アコギ、エレキの他に、クラシックギターも使ってます。ぜひそのあたりも楽しんでいただければ嬉しいです。

そして、Sweet Splash!!!は本日から委託販売が始まりました。

Sweet Splash!!!(とらのあなの通販ページ)

(大富豪の助力でもない限り)売り切れた際の追加販売は当面ないと思うので、確実に欲しい方はお早めにどうぞ。


超ボーマス当日に頒布したものは、ほのづきの新譜だけじゃありません。

まず、Agemushaとしては、ふゆまるのポストカードを頒布しました。



こちらもSweetopiaシリーズに位置づく作品。ミクSweetたちの新しい世界が開かれています。
今後、Sweetopiaシリーズはここから何か発展するような気がしています。(なんとなく)


そして、今年もやりました、やってやりました。ハンペン甲子園。
ハンペン甲子園とは、ケロさんことBIRUGEさんとほのづきの合同サークルの名前から飛び出した企画のこと。
去年に引き続き、CDを全力で作り、当日100円で全力で頒布しました。



今回は劇場版ハンペン甲子園の劇中歌CD。
BIRUGEさんが一曲目の昭和歌謡風の曲の作曲と、全体のCDデザインを担当。
僕は、二曲目のアイドルポップ風の曲の作曲作詞と、一曲目の作詞を担当しました。
うん、今回も満足の出来。当日はBIRUGEさんも僕も、各自の新譜のことは忘れて、ひたすらハンペン甲子園の名前を連呼しておりました。

その犠牲甲斐もあってか、ハンペン甲子園の新譜は完売。お手にとっていただいた方、ありがとうございました。

劇場版はわりとストーリーがちゃんと頭の中で固まっており、なにか別の形で発表できたらいいなぁ、と二人で妄想しています。
劇場版「ハンペン甲子園 ~鮭とポニテの歌合戦~」の特設サイトはこちら


そうそう、当日はBIRUGEさんの新譜「明日も良い日になるでしょう」も同じスペースで頒布しておりました。



5曲目に僕の最初の作品「キャッチボールをしようよ」のアレンジを収録していただいております。
曲作りの右も左も分からない状態で作った拙作が、綺麗にブラッシュアップされ、BIRUGEさんの細かいところまで行き届いたアレンジが光ります。
他の収録曲も貫禄の出来。やはり6thアルバムは伊達じゃない!
特に印象的だったのは、爽やかさがさらにパワーアップしている点です。
まさしく、これからの季節にぴったりな雰囲気。

こちらも、もうすぐ委託販売が始まると思うのでぜひチェックしてください。


では、今回はこの辺で。みなさま、良いGWを。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/01(水) 12:52:19|
  2. VOCALOID
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。